//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 憂いの宇治

2022-07-20chapter52第五十二帖,宇治川,自死,宇治,宇治十帖,蜻蛉,大君,中の君,匂宮,,浮舟,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅲ 激しく流れる恋の川

Chapter 52. 激流の果て

    源氏物語 第五十二帖 蜻蛉かげろう

episode 3. 憂いの宇治

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第五十一帖 浮舟(Chapter 51)まで
  自宅で出会った姫が薫の恋人であると匂宮は突きとめ、薫が囲っている宇治まで乗り込み浮舟と強引に関係を持ってしまいます。浮舟も薫に申し訳ないと思いながらも匂宮にも惹かれてしまいます。将来のことも考え責任を持とうとしてくれる誠実な薫と激情的な行動で心を惑わせる匂宮のあいだで浮舟は三角関係に苦悩します。

 匂宮は薫から浮舟を奪おうとし、匂宮と浮舟の関係を知った薫はふたりを逢わせないように宇治の山荘を武士で武装します。どちらかを選ぶと選ばなかった方を傷つけると考えた浮舟は自身が消えてしまおうと決断し、辞世の句を詠みます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!


GENJI Summary Part2-1 (若菜上 ~ 藤裏葉)まとめ

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔


GENJI Summary Part2-2 (御法 ~ 幻)まとめ

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

本章です🎵

Chapter 52 蜻蛉かげろう 激流の果て

第五十二帖 蜻蛉かげろう(Chapter 52)第二話(episode 2)まで
 浮舟の姿が見えず、辞世の句を見た女房たちは浮舟が宇治川に身を投げたのではと心配します。山荘の従者たちは三角関係のことや自死のことを明かさずに「病死した」ことにして葬儀をとりおこないます。
 匂宮も薫も最初はお互いが浮舟を隠して死んだことにしているのではと疑います。

 浮舟の死に匂宮は正気を失い落ち込みます。見舞いに訪れた薫は匂宮の前で初めて涙を流します。

episode 3. 憂いの宇治

【超訳】蜻蛉かげろう 宇治十帖
 薫 27歳 匂宮におうのみや 28歳
 中の君 27歳 浮舟 22歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

薫もまた宇治へ行って、女房から匂宮と浮舟の関係や入水のことを聞きだすの。まさか自死していたなんて思ってもいなかったから、真相を知った薫はやるせない気持ちでいっぱいになるの。

 どうやら浮舟も匂宮に惹かれてしまったんだ、それでも僕とも別れることもできなかった。僕たちが彼女を板挟みにして苦しめてしまったのか。この宇治川さえなければ彼女が身を投げることもなかったのに。大君といい、浮舟といい、恋しい人が亡くなってしまう「宇治(憂し)」という言葉でさえうとましく思ってしまう薫だったの。

宇治川
宇治川

浮舟のお母さんの中将の君のところに薫から連絡が行くの。娘を失って悲しみに暮れている彼女を見舞い、幼い浮舟の弟たちの将来の面倒も見るつもりだという内容だったみたい。
 中将の君は今まで浮舟が薫と結婚して宇治にいたことを夫の常陸の守ひたちのかみに話していなくて、ようやく打ち明けたの。常陸の守は権力に弱い田舎者だから、自分よりはるかに身分の高い薫の名前が出てきて継娘の死を残念がったんですって。

四十九日の法要は盛大なものになったの。今上帝の耳にも噂は届いていて、自分の娘で薫の正室への配慮で浮舟の存在を隠していたんだなって薫のことを思いやってあげるの。薫も匂宮もまだ悲しみが癒えることもないみたい。でも匂宮は他の女性に手を出して心の慰めにしているんですって。

匂宮のお兄さんの二宮が式部卿宮になったの。お姉さんの女一の宮には小宰相の君っていう女房がいるんだけれど、楽器の演奏が上手で機転も利く美人で匂宮は気になっているの。
 でも薫が先に付き合っていたみたいで、匂宮はまた薫から彼女を奪いたいとあれやこれや誘うんだけど、小宰相の君はなびいてくれないの。ただ薫と小宰相の君も仲の良い友人同士という関係だけで男女の仲ではないみたいなんだけどね。

明石中宮さまが源氏や紫の上の法要を催し、その片付けのときに薫は偶然女一の宮(匂宮のお姉さん)の姿を見てしまって、あまりの美貌に心奪われちゃうの。薫の正室奥さんとは異母姉妹なのに全然似ていないの。

 自宅に戻った薫は女一の宮が着ていたみたいな衣装を奥さんに着せてみたりしているの。おまけに明石中宮さまに自分の妻がお姉さんの女一の宮のことを恋しがっているなんて嘘までついて女一の宮から奥さんに手紙を書いてもらえるようリクエストするの。
 思った通りの素晴らしい手紙で薫はまた心を奪われるの。そもそも大君が生きていてくれたなら奥さんとは結婚せずに大君だけを愛し続けていけたのに。彼女が亡くなってしまい、中の君と結婚しようかなと考え、浮舟を愛人として匿い、今は女一の宮に恋している自分に「なんて愚かしいんだ」と薫は落ち込むの。

To be continued ✈✈✈

 薫は浮舟のことを偲んでいて、浮舟の家族のことも気にしていますが、匂宮の姉の女一の宮に一目ぼれしたようです。
 匂宮はまた薫と仲の良い女性を横盗りしようとしていたり、女遊びも再開しているようです……。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。