//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 2. 明石の姫君の誕生

2022-07-21chapter14明石の姫君,誕生,澪標,第十四帖,和歌一覧,和歌,明石の君,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 14.命をかけて……

    源氏物語 第十四帖 澪標みおつくし

episode 2. 明石の姫君の誕生

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十三帖 明石(Chapter 13)まで
 朱雀帝妃の朧月夜との密通の責任をとるために須磨での謹慎生活をしていた源氏ですが、運命の導きで移り住んだ明石である姫と付き合うことになり、姫は身ごもります。
 そのころ、体調を崩していた朱雀帝は源氏の帰京を命じます。必ず京に迎えると明石の君に約束をし都に戻った源氏は、留守を守っていた紫の上と3年ぶりの再会を果たしました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々

本章です🎵

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 14 澪標みおつくし 命をかけて…… 

第十四帖 澪標(Chapter 14)第一話(episode 1)まで
 朱雀帝に呼び戻された源氏は復職します。朱雀帝は譲位して源氏と藤壺の宮の子である冷泉帝が即位します。源氏は内大臣、元左大臣は太政大臣、元頭中将は権中納言と昇進して源氏たちに穏やかな幸せが訪れます。

episode 2. 明石の姫君の誕生

第十四帖【澪標みおつくし
 源氏 28歳~29歳 紫の上 20歳~21歳
 明石の君 19歳~20歳
 六条御息所 35歳~36歳
 女院(藤壺の宮) 33歳~34歳 
 冷泉帝れいぜいてい 10歳~11歳
 秋好あきこのむ 19歳~20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

そういえば明石の君はどうしてるかなと心配した源氏は明石に使いを出したの。そうしたら女の子が産まれたという報告があったの。この子が明石の姫君ね。源氏は前に占いをしてもらったんだけど、「子供は3人。帝と妃、それから太政大臣が産まれる。妃は身分の高くない女から産まれる」って言われていたの。実際に冷泉帝が帝になっているから、この女の子が将来皇后になるかもしれないと思って、京から乳母めのと(ベビーシッター)に明石へ行ってもらうの。

 明石なんて田舎に来て心細かった乳母も見たこともない美しい赤ちゃんに夢中になってお世話したんですって。源氏と明石の君も手紙のやりとりはするんだけど、まだ京には呼べなくて、でも源氏は明石の君と姫君に早く会いたいと願っていたの。

~ いつしかも 袖うちかけん をとめ子が 世をへて撫でん 岩のおひさき ~

(早く(俺の)手元で育てたいよ。天女が撫でるように姫の未来を祝福するよ)

 源氏はこの歌を乳母に持っていってもらったの。

~ 一人して 撫づるは袖の ほどなきに 覆ふばかりの かげをしぞ待つ ~

(わたしひとりでは心細いの。あなたに支えてもらいたいの)

 明石の君がこんな返歌を源氏に贈ったから源氏は明石の君と姫君に早く会いたくてたまらなくなったみたいね。

赤ちゃん
明石の姫君

子供が生まれたので源氏は紫の上に全部正直に話すの。
「世の中ってうまくいかないよな。(赤ちゃんが)できてほしいと思うキミにはできなくて、そうじゃない子(明石の君)にできちゃうんだよ。でもさ、女の子なんだけどね。まあシカトもアリなんだけど、親としてはそうもいかないからさ。そのうち京に呼び寄せるけど怒んないでね」

 明石の君が女の子を出産しました。高貴な家では乳母が赤ちゃんを育てます。源氏は信頼できる乳母に明石に行ってもらいます。わざわざ乳母の家にまで源氏が訪ねて「明石の姫君と明石の君のことを頼みます」とお願いしました。乳母は自分のような家来の家にまで源氏が頼みにやって来たので、
「よっぽど明石の君さまのことが大事で愛していらっしゃるんだわ」
「こんな素敵な方からそんなに想われてうらやましいわ」
 と思ったそうです。

 占いどおりならこの子が皇后になる姫でしょうか。
 皇后になるためにできる限りのことをしてあげたい源氏ですね。

To be continued ✈✈✈

🖌Genji Waka Collection

~ いつしかも 袖うちかけん をとめ子が 世をへて撫でん 岩のおひさき ~

源氏内大臣げんじのうちのおとどが姫君を産んだ明石の君に贈った歌

~ 一人して 撫づるは袖の ほどなきに 覆ふばかりの かげをしぞ待つ ~

心細い明石の君が源氏内大臣に贈った

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。