//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 5. 六条院を離れて

2022-07-21chapter31第三十一帖,真木柱,髭黒大将,玉鬘十帖,玉鬘,冷泉帝,和歌一覧,和歌,光源氏,源氏物語,紫式部,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 31.翻弄された運命の行先

    源氏物語 第三十一帖 真木柱まきのはしら

episode 5. 六条院を離れて

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十帖 藤袴(Chapter 30)まで
 源氏は玉鬘の将来について悩んでいましたが、とうとう宮中に宮仕えに上げることにしたようです。これにより玉鬘に求婚していた公達はみな失恋することになり、それぞれお別れの歌や文などを玉鬘に贈りました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし

本章です🎵

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 31 真木柱まきのはしら 翻弄された運命の行先 

第三十一帖 真木柱(Chapter 31)第四話(episode 4)まで
 突然結婚することになってしまった玉鬘。源氏は無念に思い、玉鬘はふさぎ込んでばかりいます。
 玉鬘の気分が治るように髭黒は一度だけ宮中への出仕を提案します。ようやく玉鬘に会うことができた冷泉帝は玉鬘に愛の歌を贈ります。

episode 5. 六条院を離れて

【超訳】真木柱まきのはしら 玉鬘たまかずら十帖
源氏 37~38歳 紫の上 29~30歳
玉鬘たまかずら 23~24歳
冷泉帝 19~20歳
夕霧 16~17歳
髭黒大将ひげくろのたいしょう 32~33歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

宮中からの帰りに髭黒は玉鬘を六条院には送らず自分の屋敷に連れてきてしまうの。突然の策略に源氏も怒るんだけど、すでに髭黒は玉鬘の夫だから何も言えないの。

3月になって源氏は玉鬘に手紙を送るの。(義理の)親子の関係ではありながらそれを超えたような不思議な関係だったから玉鬘も源氏が懐かしいのね。今になって源氏が清い愛情を自分に注いでくれていたと玉鬘は気づき、源氏のことをとっても有難いと思ったみたいね。源氏も折に触れ玉鬘を恋しがるの。

涙雨
春雨

~ かきたれて のどけきころの 春雨に ふるさと人を いかに忍ぶや ~

(春雨がふりしきっているけれど、俺のことを思い出してくれている?)

こんな歌が源氏から届いて玉鬘は泣いてしまうの。

~ ながめする 軒の雫に 袖ぬれて うたかた人を 忍ばざらめや ~

(こちらでも涙で袖をぬらしているの。あなた(源氏)のことを忘れるなんてできないわ)

今となっては玉鬘も源氏のことを慕っているのね。
 髭黒は実の親子でもないのにこんなに手紙をやりとりするのはヘンだって笑われてしまって玉鬘はがっかりしたみたい。

実家に戻った髭黒の妻の病気はその後も治らないみたいなのね。それでも離婚したわけではなくて経済的には髭黒が援助していたの。けれども娘の真木柱まきのはしらは父の髭黒に会うことはできなかったの。髭黒と一緒に暮らしている弟たちがたまに実家に来てお父さんや玉鬘の様子を話してくれるので、自分も男子だったらお父さんに会えたのにって残念がったんですって。

玉鬘は11月に髭黒の子どもを産むの。男の子ね。髭黒はますます玉鬘を大事にするし、玉鬘のお父さんの内大臣も孫の誕生に大喜びするの。ただ内大臣の息子(柏木)たちは、もしもあのまま入内していたら帝の皇子を産んでいたんだなと思って少し残念な気持ちもあったみたいね。

一方で宮仕えを希望していた近江の君はそわそわしていて、新弘徽殿女御は何かしでかすんじゃないかって心配なの。内大臣も人前には出るなって言っていたのに貴族たちが大勢で管弦の飲み会をしているときに源氏の息子の夕霧に向かって、
「奥さんがいないんならアタシがなってあげるわよ」
 なんて言っちゃうの。うっわ、めっちゃめちゃイケメンじゃん! って近江の君は盛り上がってるの。
「好きでもないヒトと結婚しませんよ」
 って真面目な夕霧にあっけなく断られたんだけどね。

第三十一帖 真木柱まきのはしら

Chapter 31 翻弄された運命の行先
 episode 1. 大事件! 玉鬘の結婚
 episode 2. 源氏の無念と玉鬘の涙
 episode 3. 髭黒の娘
 episode 4. 玉鬘、宮中へ 冷泉帝の想い
 episode 5. 六条院を離れて

To be continued ✈✈✈

 とにかく衝撃的な巻でした。原作では冒頭が源氏のセリフで「このことは口外しないように。帝がご不快に思われてはいけないから」と髭黒に話しているのです。
 え? このことって? 帝がご不快ってどういうこと? 何があったの?
 そして、源氏からこう注意されたのに髭黒は隠していられず、玉鬘のところに通うようになって何日か経って……、と続くのです。
 玉鬘のところに通うって、髭黒が?? えええ? 宮中に行くんじゃなかったの? と冒頭から「!!!」「???」という展開でした。

 無理やり襲われて、しかもその相手と結婚することになるなんて理解不能です。
 でも千年前のこの国ではこんなことが起きていたのかもしれません。女性にとってなんて生きにくい時代だったのでしょう。女性の尊厳なんて概念もなかったのでしょうね。
 現代では考えられないエピソードでした。

🖌Genji Waka Collection

~ かきたれて のどけきころの 春雨に ふるさと人を いかに忍ぶや ~

手元にいなくなった玉鬘を想って源氏大臣が詠んだ歌

~ ながめする 軒の雫に 袖ぬれて うたかた人を 忍ばざらめや ~

源氏大臣のことを懐かしく想いながら玉鬘が詠んだ歌

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。