//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 1. 可愛い娘の結婚準備

2022-07-20chapter32入内,第三十二帖,梅枝,明石の姫君,東宮,光源氏,源氏物語,紫式部,裳着,超訳

GENJI 【超訳】
Part Ⅰ 華やかなる恋絵巻

Chapter 32.すれ違うふたり

    源氏物語 第三十二帖 梅枝うめがえ

episode 1. 可愛い娘の結婚準備

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第十一帖 花散里(Chapter 11)まで Patr 1-1 完結
 桐壺帝の第二皇子として産まれた光源氏は臣下に下り、報われない藤壺の宮への想いを埋めるかのように数々の女人と付き合い愛に彷徨います。

第二十一帖 乙女(Chapter 21)まで Patr 1-2 完結
 源氏は朱雀帝妃である朧月夜との密会の責任をとり須磨で謹慎生活を送りますが、移り住んだ明石で明石の君と出逢い姫君が産まれます。
 明石から戻り、明石の君と姫君を京に呼び寄せ、姫君の養育を紫の上に任せます。また、源氏の永遠の憧れである藤壺の宮が亡くなります。

第三十一帖 真木柱(Chapter 31)まで Part 1-3 完結
 源氏は若いころに付き合っていた夕顔の娘(父は内大臣)を養女として引き取ります。玉鬘と呼ばれる姫は大豪邸六条院で外見、内面ともに美しく成長し、都中の公達が求婚しますが、養父の源氏までが玉鬘に恋心を抱くようになります。

 玉鬘の将来について悩んだ源氏でしたが、尚侍として冷泉帝の後宮に上げることにします。しかし玉鬘を諦めきれない髭黒大将が寝室に侵入し結婚してしまいました。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚

本章です🎵

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 32. すれ違うふたり
 episode 1. 可愛い娘の結婚準備

【超訳】梅枝うめがえ
 源氏 39歳 紫の上 31歳
 明石の御方 30歳 明石の姫君 11歳
 夕霧 18歳 雲居の雁 20歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

東宮(皇太子)さまの元服げんぷく(男子の成人式)が近づいてきたの。明石の御方の娘で紫の上が育てている明石の姫君の裳着もぎ(女子の成人式)ももうすぐなの。裳着をしたら東宮さまにお嫁入りする予定なので源氏もいろいろと準備に忙しいの。中でも姫君に持たせるお香の調合は誰にも見せないようにこっそりとしているんですって。
 すると紫の上も隠れてお香の調合をしているので、どっちのお香のかおりがいいのか勝負しようなんて源氏が言い始めたりして、あいかわらず夫婦仲のいいふたりなのね。

香炉
お香の勝負?!

裳着までもうすぐという頃に源氏の弟の蛍兵部卿宮ほたるひょうぶのきょうのみやが六条院に遊びに来るの。そこに朝顔の君からの梅の枝が添えられた手紙が届くの。蛍兵部卿宮は「まだつきあってんの?」ってふたりの仲を疑ったんだけど、源氏は明石の姫君にお香を贈ってくれただけだよって答えて手紙は隠しちゃったんですって。
 朝顔の君のほかにもお香の調合をお願いしていたので、そのお香を全部集めて蛍兵部卿宮に判定してもらう遊びをすることにするの。

源氏の作った「侍従」、朝顔の君の「黒方くろぼう」、紫の上の「梅花」、花散里の「荷葉かよう」、明石の御方の「薫衣くのえ」……、どれもが素晴らしいので、これもいい、あれもいいと気の多い判定をする蛍兵部卿宮に「八方美人だね」と源氏も苦笑したの。

月が昇ってきて、飲み会になって楽器も演奏されるの。内大臣の息子の弁少将べんのしょうしょうの謡う声が見事なんですって。和歌を詠み交わしたりして宴会は明け方まで続いたの。

六条院に秋好中宮あきこのむのちゅぐうが里下がり(帰省)されてきたの。源氏は明石の姫君の裳着の腰結こしゆいという後見人の大役を秋好中宮に頼んだのね。
 セレブが大勢集まって姫君の裳着をお祝いしているんだけれど、実の母親の明石の御方を参加させてあげられないことが源氏にとっては心苦しかったの。

東宮さまが元服を迎えられたの。貴族たちはみんな自分の娘をお妃にしたいって思うんだけど、源氏の娘の明石の姫君が入内するのでみんな怖気づいちゃうのね。
 源氏は優れた女官がいない後宮は寂しいので、みんなもどんどん入内するようにって声掛けをして明石の姫君の入内の時期を後のばしにしたの。その間に左大臣の娘が入内して麗景殿女御となられたの。

源氏は明石の姫君のために後宮の桐壺の模様替えをして4月に入内することに決めたの。インテリアも厳選して、書籍なんかも選ぶの。仮名書きの上手な人といえば朧月夜と朝顔の君と紫の上だと言って彼女たちを褒めて、ほかにも優れた人にも書き物をお願いするの。でも一番見事だったのは源氏の書いたものらしかったんだけどね。
 夕霧もお祝いにって葦手書あしでがき(文字を絵画風に描いたもの)を書いたんだけど、蛍兵部卿宮も感心するほどの素晴らしい出来だったみたいね。

To be continued ✈✈✈

 早いもので明石の姫君が成人して結婚する歳になりました。源氏は結婚準備に大忙しのようですね。インテリアなどのお嫁入り道具の他にもお香や書籍なども用意しているようです。東宮さまへのお嫁入りですから華やかなお仕度なのでしょうね。

 それにしても紫の上や明石の御方が娘の嫁入り準備をするのはわかるのですが、他の源氏の奥さんたちにもお香や書物の用意をお願いしています。
 朧月夜といえば例の密会騒ぎの責任をとって謹慎したのでした。その謹慎先で明石の君との出逢いが待っていました。結果論ですけれど、朧月夜との密会、謹慎があったから明石の姫君が産まれたということになるのでしょうか。

小倉百人一首も【超訳】しています。
 話し言葉でお気軽 OGURA

 よかったら遊びにきてください。

初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
 ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。