//CSS rules to specify families //CSS //JS

episode 3. 源氏と夕霧の探り合い

2022-07-20chapter37第三十七帖,横笛,,女二宮,柏木,夕霧,光源氏,源氏物語,紫式部

GENJI 【超訳】
Part Ⅱ 幾重にも広がる恋の水紋

Chapter 37.親友が遺した想い

    源氏物語 第三十七帖 横笛

episode 3. 源氏と夕霧の探り合い

Welcome to SenmojiGenji World!!

源氏物語の今ここ! We are here!!

【超訳】1000文字源氏物語

PartⅠ 華麗なる恋絵巻

これまでのあらすじ

前章まで

第三十六帖 柏木(Chapter 36)まで
  源氏の正室の女三宮と密通し妊娠させてしまった柏木は源氏からのイヤミや睨みに耐えられず病に伏してしまいます。女三宮は男児を出産しますが、体調が回復せず源氏からも蔑まれるので父の朱雀院に出家させてもらいます。柏木は女三宮の出家と男児の誕生を知ったあとに息を引き取ります。
 柏木は最期に「源氏とのいさかい」のとりなしと遺していく妻の女二宮のことを友人の夕霧に頼みます。夕霧は「源氏とのいさかい」が何なのか考えます。女二宮のことも見舞いに訪れます。

超ざっくり GENJI

1.桐壺 ~ 11.花散里11.須磨 ~ 21.乙女22.玉鬘 ~ 31.真木柱32.梅枝 ~ 33.藤裏葉34.若菜上 ~ 39.夕霧40.御法 ~ 41.幻42.匂兵部卿 ~ 44.竹河45.橋姫 ~ 54.夢浮橋

光源氏の誕生からたくさんのカノジョとの恋愛遍歴


GENJI Summary Part1-1 (桐壺 ~ 花散里)まとめ

(女性問題を起こして)謹慎生活、都に復帰・復職、大切なオクサマたちとの日々


GENJI Summary Part1-2 (須磨 ~ 乙女)まとめ

元カノの娘の玉鬘との出逢いと大豪邸六条院での暮らし


GENJI Summary Part1-3 (玉鬘 ~ 真木柱)まとめ

源氏の息子夕霧と幼なじみとのハツコイ婚


GENJI Summary Part1-4 (梅枝 ~ 藤裏葉)まとめ

栄耀栄華を極めた源氏 正室を寝取られる?!

本章です🎵

最愛の妻紫の上の旅立ちと源氏のイマサラな大後悔

源氏亡きあとの物語 表向き源氏の息子の薫と源氏の孫の匂宮のダブル主演

薫と匂宮と宇治の三姉妹とのラブストーリー

Chapter 37 横笛 親友が遺した想い 

第三十七帖 横笛(Chapter 37)第二話(episode 2)まで
 柏木が亡くなって1年が経ちますがまだ彼を惜しむ声は多いようです。薫は1歳になり可愛らしく成長しています。
 夕霧は柏木の遺言を果たそうと女二宮を見舞っています。「友人の未亡人」以上の気持ちを持ち始めているようです。夕霧と女二宮が琴と琵琶のセッションをしたときに母の一条御息所は柏木の横笛を夕霧に託します。その夜柏木は夕霧の夢に現れて「その横笛は子孫に伝えたい」と告げます。

episode 3. 源氏と夕霧の探り合い

【超訳】横笛
源氏 49歳 紫の上 41歳
女三宮おんなさんのみや 23歳 薫 1歳
夕霧 28歳
明石女御あかしのにょうご 21歳 匂宮においのみや 3歳

✈✈✈ Let’ go to SenmojiGenji ✈✈✈

翌日夕霧が六条院に行くと、明石女御が帰省していたの。女御の三男の匂宮においのみやは紫の上が育てているのね。匂宮は夕霧にまとわりついて、夕霧は3歳の匂宮をだっこして明石女御の寝殿へ向かうの。

すると源氏と薫もそこにいて、夕霧は初めて薫の顔を見たの。笑顔が柏木に似ている気がするの。きっと源氏だって気づいているだろう。匂宮たちも気品があるけれど、薫はもっと美しいの。息子の死に落ち込んでいる前太政大臣に孫がいると知らせてあげたいけれど、それはできないしなぁ、など夕霧の心境もフクザツなの。薫は性格も優しい子で夕霧になついてくるから、夕霧も可愛らしく思うのよ。

夕霧は源氏に昨日の女二宮との想夫恋の話をするの。そこで女二宮が琴を弾いたのは軽々しいふるまいなんじゃないの? 未亡人相手に間違いを起こすんじゃないよ、なんて源氏が説教をするから、だったら自分はどうなんだよと夕霧は思って柏木が夢に出てきた話をするのよ。

するとその笛は薫が受け継ぐべきで、夕霧は何か感づいているなと源氏は察するの。
「その笛は亡くなった桃園式部卿宮が柏木に下賜したものだから縁続きのウチで預かっておくよ」

 なんてこじつけまがいのことを言って源氏は柏木の横笛を預かるの。それに夕霧が自分に横笛を持ってきたということは、何か感づいているのかと考えるのね。
 夕霧は今がチャンスだと源氏に追い打ちをかけるの。

横笛

「柏木が父さんに悪いことしたって、申し訳ないって言ってたけど心当たりある?」

やっぱり夕霧は知ってるんだなって源氏は確信するの。でも詳しく話すことでもないので、

「どうだっけかな。思い出せないな」

身に覚えがないなぁと源氏はその話をはぐらかしちゃったの。

第三十七帖 横笛

Chapter 37 親友が遺した想い
 episode 1. 薫の成長と柏木の遺言
 episode 2. 夕霧と女二宮の夜
 episode 3. 源氏と夕霧の探り合い

To be continued ✈✈✈

 柏木の遺言である「源氏へのとりなし」。柏木が謝りたいことがあると言っていたことを夕霧は源氏に伝えましたがはぐらかされてしまいました。以前も夕霧が源氏と玉鬘の関係を探ったことなどありましたね。

 夕霧が源氏のところに横笛を持ってきたということは、口には出しませんが源氏と柏木との関係を察しているということです。源氏も夕霧は気づいているとわかったようです。
 柏木が夕霧に託した横笛はいつか薫に伝えられることでしょうね。

源氏は夕霧と女二宮の関係をけん制
夕霧は源氏と柏木の「いさかい」を突きとめる?

関連する【別冊】部分はこちら

  • 【別冊】GENJI
    topics 32 親子で心理合戦?!
  • 小倉百人一首も【超訳】しています。
     話し言葉でお気軽 OGURA

     よかったら遊びにきてください。

    初心者向けのwebサイト作成&学習備忘録ブログを運営しています。
     ブログ作りに関心がある方は遊びにいらしてください。